2010年10月20日

勉強三昧

醸造長の夏丘です。

非常に密度の濃い三日間でした。
まず両国ポパイにてジャッジングの勉強。いつものWanCupのジャッジングでは、造り手側の視点を持ちますが、今日は飲食店主催なので、飲み手側の視点が強く表れていました。同じスコア手法なのにこの違いは興味深かったです。

そしてロコビアの仕込見学。醸造長の鍵谷さん、下野社長まで、朝から晩までずっと相手して下さり、本当にホントに密度の濃い日でした。とても書き切れません。
ロコビア商品は500L仕込、一方で教室(一般の方が仕込体験)は20L。両方のノウハウをお持ちです。高円寺麦酒工房は100L、この間にあり双方の仕込方法を理解することで落とし所が明確になりました。

今日は妻の実家に軽トラを借り、床材の買い出しに。ここで一人用カウンター造りの思わぬ収穫もありました。まだ荷降ろししておらず写真など追って書きます。

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック