2010年12月08日

ホップのあるカウンター

醸造長の夏丘です。

カウンターテーブルがそろそろ完成しそうです。
カウンター席には、一人で来てくださるお客さんが座ることを想定し、カウンターといえどもリラックスしていただけるように椅子は背もたれのあるものを、テーブルは目で楽しめるものを心がけました。

9月に米国研修に行った際に訪れた Strange Brewery で、テーブルにホップが埋まっているのを見て以来、自分のお店も是非こうしたいと思い、施工方法を教えてもらいました。

麦は埼玉小川町・麦雑穀工房マイクロブルワリーの馬場さんから頂戴しました。季節外れだったにもかかわらず、貴重な大麦を快くくださいました。

ホップは学生時代のサークル先輩の高木さんからいただきました。
高木先輩は、僕がこのビール造りの仕事をするきっかけでもあり、一緒に色々調べたり力になってくれた方で、この春から信州上田に仕事が決まり、東京から引っ越すやいなやホップの栽培を始め、その全てを今回僕にくださいました。

テーブルに麦とホップを綺麗にレイアウトし、エポキシ樹脂を流し込みます。

▼固まるのが待ち遠しい!
image-20101208012250.png
posted by 高円寺麦酒工房 at 01:25| Comment(4) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっこいいですね、ホップ!
お店に行くのが楽しみです。
Posted by やなどん at 2010年12月08日 20:13
信州上田から自家製ホップと新鮮な野菜をお届けしますよ。
開店日告知はまだですか〜
Posted by 高木 at 2010年12月08日 21:57
この時期まだホップの毬花があるんですね。 テーブルに座るのが楽しみです。
Posted by 輪の吉 at 2010年12月09日 00:25
やなどん
よろしく!
石膏ボードが余ったんだけど、いい使い道ないかな?

高木さん
ありがとうございます、野菜よろしくお願いします。
告知はもうちょっと待ってください!

輪の吉さん
ホップは夏の終わりに収穫してもらい、それから乾燥して保管しておりました。
テーブルはいい感じに固まりました!
Posted by 夏丘 at 2010年12月12日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック