2010年08月07日

大工終了

工事開始から3週間。

建物の構造だけは、プロの大工さんに入ってもらい、述べ15日間お世話になりました。
途中から追加でお願いしたことも多くあったため、予定当初より長引きましたが、。


高円寺麦酒工房をつくる上では、多くの間仕切り変更が発生しましたが、柱や梁は、建物の構造をなす重要な建材です。
基礎は本当にきちっとやっていただきました。


あとは仕上げです。
これは、自分で1ヶ月かけてじっくり好きなようにやろうと思います。
ちょっと前まではただのサラリーマンだった私達夫婦が始める事業。
少しでも節約出来るなら苦労を惜しみません。


私の店はとても手造り感に溢れる予定で、ともすれば粗忽に見えるかも知れません。
でもそれは、なにせ商品が「手造りビール」なもので、店構えとしては商品コンセプトに合致すると思っています。


posted by 高円寺麦酒工房 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

土日は、勉強と祭りと。

醸造長の夏丘です。

開業に向けた準備は、以下の五点に大別できます。
01.製造(設備、技術)
02.店舗(工場&店舗づくり)
03.市場(ポジショニング)
04.経営(数字、商談)
05.販促

このところ店舗づくりばかりで、製造がお留守になっていました。
製造設備をもっと考え尽くさないといけません。

意外に思われるかも知れませんが、ビールを造るにあたり
レシピは共通だとしても、設備はそれぞれ異なります。
ある程度の業界標準はあるのですが、それも比較的大規模のものであり、
高円寺麦酒工房のように非常に小規模の場合は色々と不都合があるのです。

開業まで残り4ヶ月。営業が始まれば、もう走り続けるしかなく、
製造設備について見直すことは難しくなります。

なにより、私達夫婦の貯金を全部使って、生まれて初めての大きな買い物です。
仕込鍋ひとつ買うのも、胸がチクっとしてしまいます。

まだ未体験のことがらに対して、事前に充分に把握し理解するのは
限界があるかも知れませんが、今のうちに出来る限り情報を集めて
先輩方のお知恵を拝借しながら、最高の設備環境を用意したい。

 * * *

前置きが長くなりましたが、そんなわけで土日は色々と勉強してきました。

土曜日は阿佐ヶ谷で、ビールのオフフレーバーについて勉強。
7種類を実際に体験しました。
オフフレーバーとは、簡単にいうと、造るのが下手だと発生してしまう悪い成分です。
不味いビールを造ってしまったとき、どこがどう不味いのか、論理的に指摘できるようになれば、原因究明でき、改良につながります。それでオフフレーバーを理解することが重要なのです。

その後打ち上げ。折しも「阿佐谷七夕まつり」の最中で、出店も多く、輸入ビールをDraft(樽生)で楽しみました。

IMG_0017.JPGIMG_0037-1.JPG

(つづく)

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(1) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

IKEAでシンク購入

醸造長の夏丘です。
気温はそこそこでも、湿度が高くて過ごしにくいですね。

13日に保健所が検査に来るので、それに合わせるよう
シンクを揃えます。

保健所の営業許可は2種類必要で、「酒類製造業」と「飲食店営業」ですが、
前者は税務署の製造免許取得に関わるため、早く欲しいのです。

なおそれに先立ち5日には「食品衛生責任者」を受講修了しました。

今日購入したのは、ビールカウンター用のシンク。

IMG_0061.JPG
▲IKEAで16,890円。

電車で持ち帰ってきました。

カウンタートップをくり抜き、はめ込みます。
明日は木材を購入、明後日に作業しようと思います。

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

土日は、勉強と祭りと。(つづき)

醸造長の夏丘です。
週末の続きを書きます。

日曜日は、ビールに詳しい方を訪ねに、川崎へ行きました。

▼川崎大師で、家族とお店の厄除けを祈願。
IMG_0066.JPG

さて、色々と素晴らしい助言をいただきました。

煮込み時、熱効率を上げるため、鍋に蓋をする。
普通に蓋をすると、気化したDMS(オフフレーバーの一つ)が
還元されてしまうので、上手く鍋の外に逃す仕組みを作る。

冷却時、インマージョン方式とカウンターフロー方式を組み合わせる方法について。
インマージョンのコイルの巻き方の工夫。
カウンターチラーの製作方法。
冷却水をそれぞれに用意するなど。

ほかにも、麦芽粉砕器の電動化について。
マッシング時のロータリング用のポンプ能力について。
スパージング湯の温度について。
発酵室の冷却ユニットについて。

ほんとに本当に勉強になりました!

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ビールカウンター、骨組みだけ。

今日は、ビールカウンター制作。
これから始まる膨大な作業の、ほんの入口です。

IMG_0001-10.JPG
▲この状態から、

▼こうしました。
IMG_0001-11.JPG

一日かけて、この程度です!
まったく、先が思いやられます。

大工さんがやれば数時間で終わるでしょう。
しかし、シロウトながらにも、考え、考えながら
時には一度打ったクギを抜いて打ちなおしてでも
練り上げることで、ただ単に造作を作っているということにとどまらず
そこで運用するお客さんの様子とか、自分の動きとかがイメージされ、
上手く言えませんが、
大工的には効率が悪いかも知れないが、ただ単に大工作業をしている
だけでなく細かい運用上のことがらも同時に進んでいるように思うのです。

カウンターの骨組みを作る、たったそれだけの作業で
こんなに満足していますが、まだまだほんの一歩にもみたないのです。

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

お盆も終わり。

醸造長の夏丘です。

お盆は業者さんも材木屋さんもみんな休み、、

サービス業しか経験のない私の目には、驚くほど周囲が休みのこの環境も新鮮にうつります。
私も今年は否応なしに休みモードになりました。


・・というのは後付の理由で(^_^;


土曜日は帰省してきた中学からの親友たちと夕方から朝まで宴会。
一人は博多でメーカー勤務・営業職の村山。
もう一人は御殿場でメーカー勤務・研究開発職の武山。

我が家に集まり、お酒が好きな彼らとビールの飲み比べをしました。(以下のとおり)

1) スタウト (BJCP Style #13x)
2) 甘めのベルジャン (BJCP Style #16x)
3) ハイブリッド (BJCP Style #6x)
4) アメリカンペールエール (=よなよなエール, BJCP Style #10a)
5) ヴァイツェン (=銀河高原ビール, BJCP Style #15a)

すると、上記の五種類のなかでも、好き嫌いがハッキリ出ました。
村山は4が美味いと言い、武山は3と5が美味いと言うのです。


普段、私達三人は一様にキリン一番搾りを飲み、美味いと言うのに
この違いです。


こんな風に、我々が普段から飲み慣れている国産大手ビール(≒ピルスナー, #2x)とはとても異なるスタイルのビールは、やはり好き嫌いが出るのですね。

それでも“やった!”と思うのは、「美味い」と言われるスタイルが必ずあるんだということです。



ビールの奥深い世界を紹介する為、ピルスナースタイル以外のものを積極的にお客様にお伝えしたいです。
その中には時には好きでないスタイルもあるでしょう。
それでも「美味しい」と思っていただけるスタイルがきっとあると信じています。


しかし、他のスタイルが合わず、結果として「俺は大手ビールが好きだ」と感じられても、それは嬉しいのです。
きっと、その人はこれまで以上に大手ビールが好きになっているはずです。

ビールのスタイル一覧:
http://beerstyles.jp/gindex.php

僕の最終目標は、僕の店がきっかけになり日本中にビール好きが増えることなのです。


<出典>
ビア・スタイル・ガイドライン・日本語版
http://beerstyles.jp/

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ドイツ土産のビール

日曜日は、大学からの親友と(今日もうちで)宴会。
ドイツの海外出張帰りのお土産に、ビールを戴きました。
みんなで飲んで、僕はジャッジングの勉強。

Name: NEPTUN
Made in: Braunschueig
Style: German Pilsner (Category #2a)

<アロマ> 10/12
少しスパイス的なホップ。わずかにDMS。

<外観> 3/3
とてもクリア。
SRM=4

<フレーバー> 17/20
ホップの苦味が強い。中程度のモルト感。
IBU=30-40くらい?

<マウスフィール> 5/5
ミディアムボディ。高炭酸。

<総合> 8/10
ドライ気味。後味に苦味。

合計 43点/50点満点、"Excellent"

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

廃材の処分へ

醸造長の夏丘です。

間仕切り変更など、壊す系の工事はこれ以上ないので、
昨日はこれまでひたすら敷地内に積み上げてきた廃材の山を処分してきました。

レンタカーを借りて、大田区の糀谷にある処分場までいきます。

廃材はかなりの量だったので、レンタルしたトラックは2tロングです。
車体が大きすぎ敷地に入れられず、目の前の道路に停めて、積み込みます。
父と、妻にも手伝ってもらいました。


折しも、その日は今年一番の猛暑日。
とにかく積み込んだら9割は終わりとばかり、必死に積み込みます。
時々、車がきてしまって移動せざるを得ず、そのことで急かされたのが幸いし、1時間でなんとか積み作業は終了しました。

Image326.jpg

環七を南下、東京湾ちかくの処分場をめざします。

IMG_0004.JPG

木材、モルタル、石膏ボード。
埋め立てるのかと思いきや、
ほとんどは再利用できるそうです。

IMG_0009-1.JPG


この日、運んだ廃材の正味量はなんと1.83トン!
途方もない重さですね。

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

仕込室のシンク届いたけれど・・

醸造長の夏丘です。

昨日、仕込室のシンクが届きました!
本当は無くても良いかと思っていたのですが、
保健所の営業許可を取得するに当たり設置することになったのです。

さて、佐川急便で到着。
ところが、開梱すると、、、

左側側面が破損!!

IMG_0018-2.JPG

配送事故のようです。
即、販売店に連絡すると、代替品を即日発送するというスピード対応でした。
本日、良品が無事設置できました♪

あ、破損品はもちろん返送しました。

.
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

左官作業

最近は左官屋さんが来ています。


新設した開口の枠を埋める作業などをしてもらっています。
IMG_0072.JPG

仕込室の床は、FRP防水を4重に塗り、強固になりました。

仕込釜やケグ(ビヤ樽)をガツガツぶつけてしまってもびくともしない(かな?)ようにするためです。



.
posted by 高円寺麦酒工房 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | お店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする