2010年09月10日

#01 SAMUEL ADAMS

醸造長の夏丘です。

研修でビール仲間と渡米中です。その間に高円寺にも業者さんが多く来るので、父に任せてきました。一級建築士だから私より断然頼りになります。

さっきニューヨークに着きました。いま空港のビアバーで、仲間の便が着くのを待っています。さっそく飲みます。

1. "LAGER" スタイル不明
フレーバーはとてもホッピィで、苦味が後味に残るが、最後はモルトの甘みと調和しバランス良く終わる。
高炭酸。
SRM=8前後と、濃いめ。

2. "BOSTON ALE" Northern British Brown Ale
甘くカラメル感のあるアロマ。中程度のホップ。
中程度のホップフレーバーのあとモルトが現れる。
高炭酸。甘い。
SRM=11-12
2より1の方が個性的。

注文したとき店員さんが、さっき君が飲んだのと違うけどOK?って聞かれた。
OK, I try all. と答えたら笑われました。

最後はお楽しみ、
3. "SEASONAL" Octoberfest です。
中程度のモルトアロマ。
最初はモルティな甘さだがフィニッシュはドライ。最後まで甘い。ラガーのクリーンさ。
中程度のホップフレーバー。
SRM=14

▼右から順

image-20100910160755.png

Fri 9, Sep
JFK空港 NY
posted by 高円寺麦酒工房 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

#02 TRINITY BREWING

初日は列車MTAに乗って、ニューヨークの東北、ロードアイランドにあるbrewpub。

#02 TRINITY BREWING

▼外観
image-20100911141148.png

▼カウンター越しにブルワリーが見える
image-20100911141255.png

image-20100911141415.png

Boil 620 GAL, Mash Tun 530 GAL

1. Kolsch (6c)
アップルタイザーか白ワインのようなアロマ。透明。
フレーバーは酸味と、後味にエグ味。

2. Octoberfest (3b)
アロマはモルティだがちょっと

3. Russian Imperial Stout (13f)
アロマは良い、ロースティー。全部は飲めない。

4. "Single Hop" Pale Ale
渋すぎて何だかわからない。
超DMS?

5. IPA (14b)
ホップアロマ、フレーバーはまあ良い。後味に収斂味があり残念。

6. "Chocolate Thunder" Porter
アセトアルデヒド。アロマは良い。全部は飲めない。

7. IPA cask ver.

▼左から順
image-20100911141500.png

1〜7すべて粉っぽい。がっかり。

しかし、不満そうな我々の様子が判ったのか、このあと、ブルワーが特別なビールを飲ませてくれた。

8. Belgian IPA
アロマが接着剤のようでエステリーなものの、とても美味しい。ベルジャン酵母のキャラクター。ABV=12%!

9. Wiskey aged ...何とか
IBU=8.5 Abv=10
ほとんどウィスキー、美味しい。

Fri 10, Sep
Providence, RI
posted by 高円寺麦酒工房 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

#04 Brooklyn Brewery

今日は、割と大きいクラフトビール会社、ブルックリンブルワリーへ。

#04 Brooklyn Brewery

▼外観。
image-20100912193250.png

▼工場内で飲み食いしている。右が瓶詰ライン
image-20100912193358.png

金土は見学ツアーもあり大変な混雑だ。

▼ビール一覧
image-20100912193442.png

※カッコ内英数字はスタイル分類。+/-は良い点/悪い点。

1. Weisse (15a)
普通によく出来たジャーマン ヴァイツェン。(+)少しだけざらざらしている。

2. Pilsner (2x)
(-)ダイアセチル

3. East IPA
キリリとしたホップアロマ。昨晩のんだボトルと全然違う。

4. Blast! (倍価格)
とてもホッピィ。高いだけある。(-)後味に少し渋み。(+)バランス良い。(+)ABV9.2%もあるのにアルコホリックでないのがすごい。

5. Detonation (倍価格)
4同様ホッピィ。4ほど渋くなく、ホップは異なる感じ。シトラシィ、クリア。ABV=10.2%!

Lager, Brown ale & Octoberfest were sold out...

▼工事見学。ヒアリングが追いつかないので、勝手に見学していました。
image-20100912193524.png


◇ ◇ ◇

帰りにビアパブへ。20taps:樽生20種類。さっき売り切れていた、ブルックリンブルワリーのラガーを取扱。

6. Lager (1x)
(-)ダイアセチル。がっかり。

ニューヨークのブルワリーは強いの以外は不得意なのか!?

image-20100912193609.png

image-20100912193652.png

image-20100912193727.png


Sat 11, Sep
Brooklyn, NY
posted by 高円寺麦酒工房 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

#05 Southampton Publick House

今日は雨。ニューヨーク、ロングアイランド半島の東端にあるブルーパブに来ました。リゾート地です。
Wi-Fiが使えるのでLIVE中継。

#05 Southampton Publick House

▼外観
image-20100913035859.png

▼広い店内。奥に醸造装置が見える。
Mash tun 19.5bbl, Kettle 23.0bbl, Hot water 525gal, Fermenter 1000gal.
image-20100913040054.png

1. Light
特徴なし。
少しホップ

2. Lager
モルティ。リキッドイーストのフレーバー。

3. Pils
ホップアロマ。ケルシュのような爽やかさ。後味にしっかりした苦味。

4. IPA
ホップアロマなし。きゅうりの浅漬けのフレーバー。後味に苦味。
アセトアルデヒド。妙なホップ

5. Alt
多くのフレーバー。美味しい

6. Double White
美味い!コリアンダー沢山。7.2abv感じない。

7. Black Raspberry Wheat
ラズベリーの酸っぱいアロマ。味は酸っぱくなく美味しい。ジュースっぽい。

image-20100913035703.png
▲奥左より64512、手前左より37

North Fork Frwsh Hop was sold out.

15pm, Sun 11, Sep
2-44 N Sea Rd
Southampton‎ New York‎ 11968
United States
posted by 高円寺麦酒工房 at 04:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#03 Bru Rm @ Bar

ロードアイランドの帰り道にコネチカット州で途中下車。

#03 Bru Rm @ Bar

ピザとアルコールとビリヤードの店、若者で混雑。衝撃的。

▼右奥、Fermenter=発酵タンクが道路に面し設置。
image-20100913164631.png

1. "Toasted Bronde" Brond Ale (6b)
カラメルシュガーの様なアロマ、砂糖水のような味。半分も飲めなかった。

2. "AmBAR Ale" American Amber Ale (10b)
上に同じ。

3. Pale Ale
これはちゃんと飲める。ホッピィなフレーバー。

4. "Damn Gold Stout"
Not try.

▼メニュー
image-20100913164736.png

安い。安いのは良い事だと思う。

Fri 10, Sep
New Haven, CT
posted by 高円寺麦酒工房 at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

#06 Heratland Brewery

これからコロラド州へ飛びます。

おとといは、自家醸造の材料&道具屋へ。コネチカット州で一番大きいという。
日本で自家醸造=Homebrewのビールを造る場合は、アルコール度数1%未満にしないといけませんが、米国では全ての州で認められています。

夜はブルーパブ2件かけ足ではしご。

#06 Heratland Brewery

マンハッタンに数店舗あり、それぞれが醸造しているのかと楽しみにしていたら、ブルックリンの工場でまとめて造っていた。とてもがっかり。

1. ...Light
強いオレンジのアロマ。ライト。

2. ... Lager
コーンの穀物感

3. ... Wheat
小麦の酸味

4. ... Red ale
ベアードにありそうなバランス感。後味に細く鋭い渋味。

5. ... IPA
苦くなくモルティで変わっている。色は濃い。

6. ... Oatmeal Stout
甘く、クリーミー。

4と6が泡持ち良い。
5と6が逆に配膳されていた。

▼手前から反時計回り
image-20100915224708.png


続いて季節限定を。

7. Empire Premium
イースティで美味しい。豆っぽいのがプレミアム感を損う。

8. French Toast Ale
セゾン。ベルジャン酵母のキャラクターは出ていない。スパイシーでもない。

Mon 13, Sep
マンハッタン, NY

posted by 高円寺麦酒工房 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#07 Chelsea Brewing

地下鉄を乗り継ぎウェストサイドへ。河に面したブルーパブ。
ちょっと年季の入った店。

image-20100915231540.png

#07 Chelsea Brewing

1. ケルシュ ×
高炭酸。苦味が勝り、味わいが無い。

2. アメリカンウィート ××
アロマわずかにフルーティ。全体的にクリスピーでドライ。あの味。

3. サマーエール ×
しぶい〜!
ホップはカスケードとアマリロ

4. レッドエール ××
ひどい渋味、あの味。国産ホップ。

5. IPA ×
とても苦いフレーバーが支配的
アロマはよい
アメリカンホップ3種

6. スタウト ○
甘くコーヒーフレーバー。ちょっと酸味。GABFで金賞、年度は不明。

▼左下から順
image-20100915231334.png

Mon 13, Sep
Manhattan, NY
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

#08 J.J. Bitting Brewing

ニューヨーク最後の昨日は、電車を乗り継ぎ南下、ニュージャージー州へ。ブルーパブ3軒を巡る。

#08 J.J. Bitting Brewing

▼外観

こういう建物は好きだ。
店内も、高い天井と素朴な内装、落ち着きと開放感と立体感、健全で健康的。とても良い。

▼左下から順。全体的にうすい。
image-20100917062207.png

1. ゴールデンエール
ドライ。ダイアセチルあり。
小麦も使用。セッションビール。

2. ラズベリーウィート
軽くフルーツフレーバーが丁度良い。色はゴールド。

3. メキシカンラガー
低炭酸でモルティ。
新製品らしい。シトラス、スパイス使用、セッションビール。

4. イングリッシュIPA
ちょっと草っぽい。
アロマホップは、トムさんの畑で採れたカスケード。

5. アンバーラガー
カラメルフレーバー、モルトフレーバー。
オレゴン州で採れたホップ。

6. ベストビター
とても苦い。
麦芽はマリスオッター。

image-20100916231512.png

▼こんな表示も。昔はライトビールばかりだったアメリカ 人の、今の嗜好が見える。
image-20100917062406.png

日本からビールを飲みに来たと云うと、大喜びされ、ちょうど仕込の最中だったので、醸造長が設備を説明してくれた。

▼仕込装置。こんな高い所に!
image-20100916231100.png

左からマッシング=糖化、ケトル=煮沸、ホットウォータータンク=お湯=写真、と並ぶ。

仕込は建物の一番高い場所でおこない、出来た麦汁を下のファーメンター=発酵タンクに落とす。

▼ファーメンター4基それぞれのビール種類や酵母の種類(何回目の使用かまで!)などが客に解るよう表示されている。
image-20100916231336.png

うち1基オクトーバーフェストはエアーロックから激しくガスが排出されており発酵の真っ最中だった。
発酵温度は68℉、期間は2週間。のち熟成タンクへ。そこから直接タップにつながっている。ほかにケグ=ビヤ樽400本。普段は毎週金曜日が仕込日。



〜ウッドブリッジという街〜

電車が頻繁に通るほど便利な場所なのに、大きなビルもなく素朴な街並。道路も建物もどことなく綺麗で、ゆったりと落ち着いた雰囲気。街の人も店の人もみんな親切だった。
私の故郷・東京の板橋とくしくも同名でもあり、とても親しみを覚えた。

Tue 14, Sep
Woodbridge, NJ
posted by 高円寺麦酒工房 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

#09 UNO.

歩くこと一時間、ロードサイドのブルーパブに到着。

#09 UNO.

▼入口
image-20100917150419.png

▼左から順
image-20100917150535.png

1. ブロンドエール
ドライ、シュガー、イソパビレン酸かダイアセチル。まずい。

2. ベルジャンホワイト
高炭酸でスパイシー。酸味強めなのが残念。

3. レッドエール
甘いアロマ、カラメルアロマ。渋味。

4. ブリティッシュIPA
ホップアロマ、とても渋い。

5. ポーター
甘い、後味に少し渋味。

6. オートミールスタウト
ダイアセチルあり。スタイルにしては渋い。

6種すべてクリア=透明。

SINCE 1943 と老舗だが、手造りビール自体いつからかは不明。

Tue 14, Sep
Woodbridge, NJ
posted by 高円寺麦酒工房 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#10 Port44


同日3軒目ラスト。ニューオークという大きな街の一角にあるブルーパブ。

#10 Port44

▼外観
image-20100917152822.png

▼黒板に合わせ並べてみる
image-20100917153003.png

image-20100917153108.png

1. Goldfish Ale
ドライ、高炭酸。弱いモルトフレーバー。後味に少し苦味。3の後に試すとモルティ際立つ。

2. Sirens Wheat
小麦弱め、少しモルティ。1と似てる。

3. Devil's Red
とてもホッピィで苦い。カラメルホップ?

4. Catskll Hop Harvest Ale
美味しい。高アルコールでホッピィな
アロマ。
モルトとホップのバランス良い。

5. Stout
美味しいコーヒースタウト。

▼タップ。黒いプラスチックが自作ビール、個性的なのはゲストビール=仕入ビール
image-20100917153218.png

この日で一番ここが美味しい。
新しくきれいで素材感のある店内もとても良い。

ブルワーは休みで仕込は翌日とのことだったが、たまたまオーナーが居て、陽気に飲みながら隣に座り、日本から来たと云うと大喜びで設備見学させてくれた。

一回の仕込量は15バレル。
一つのタンクから8樽詰め、5つが店で残り3つが外販。

開業する私に、同規模の設備手配もしてくれるような事を言ったが、高円寺はここの十分の一以下だ。

ビールは全てアンフィルター=無濾過。

Tue 14, Sep
Newark, NJ
posted by 高円寺麦酒工房 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする